家づくりの考え方

CONCEPT家づくりの考え方

家の燃費、くらべたことはありますか?

良い家とはなんだろう? だれもが最初に考えますよね?
広い・安い・デザインがいい・地震に強い・暖かく涼しい省エネ・企業ブランド・保証が充実etc... 人それぞれ価値観によりますがたくさんありますよね?
でもどうやって比較されているのでしょうか?
地震は耐震等級・デザインは事例やCG・建物価格・企業ブランドなんかはわかりやすいですよね。
でも家の燃費ってどうですか?
高断熱住宅に用いられるUA値・Q値(断熱性能)等の数値やモデルハウスの体感だけで比較していませんか?

家づくりの考え方
家づくりの考え方

じつは断熱性能だけを追い求めても 暖かく涼しい低燃費な家になるか断言できないことはご存じでしょうか?

例えば南側隣地建物の背が高い家になると冬の日射が制限されてしまいますよね。 これだけでも暖房の負荷(需要)が多く必要となり暖房費が高い家になってしまいます。

他にも建物の形状や向き・屋根の出・外部シェード・窓のサイズや数・ガラス構成などでも 同様に太陽の日射を取得遮蔽することで家の燃費は違ってきます。

要はUA値やQ値は家の内部にある熱源を逃がしにくくするための指標・目安であって低燃費な家かどうかが明確に判断できるものではないということですね。

もちろん数値だけではなく断熱場所ごとのバランスや熱橋・気密・換気・空調・施工の質など他にも大切で考慮するべきことはたくさんありますがここでは割愛させていただきます。

燃費考慮した家と、一般住宅の比較

ではここで一般住宅との比較をご紹介いたします。
規模は同じ3~4人ご家族用くらいの家で
当社の基本基準性能で燃費考慮した設計の家と 徳島県の一般住宅の性能で燃費を考慮できてない設計の家 との差がどれくらいあるのかを計算してみます。

年間冷暖房費比較
当社 1600KWh×28円=44800円
一般 4500KWh×28円=126000円
差2900KWh×28円=81200円
多くのエネルギーを火力電力に頼っている現状10年後には現在の1.4倍近く電気料金が上がるとも言われていますので仮にその想定にて35年間で計算すると、、、 500万円もの差になります!!(月々11900円)

仮に当社の家が1800万円、 一般住宅が1300万円 としても35年以上暮らすと損になる計算になります。もちろんお金だけではなく一般住宅は温度環境が悪いので健康によくないですしそれだけ電気代が高いと我慢してもっと室内環境が悪くなってしまいそうですよね。

家づくりの考え方
家づくりの考え方

家の燃費について簡単にですがご案内しましたがいかがでしたでしょうか?
もちろん家づくりにおいて大切なことは他にも本当にたくさんありますが、 家の燃費や性能は建てる前にわかりにくいからこそ事前に検討することが大切だと考えております。

私たちはこの考え方をベースに 初期コストや予算計画・住宅ローン・間取りの使いやすさ・デザイン・耐震性・耐久性・メンテナンスコストなどなど総合的にバランスの良い家づくりを大切にしております。

ですがその価値観や考え方を強引に押し付けるつもりはありません。
私たちはご家族と真摯に向き合い価値観や考え方を紐解きながら共に良い家について考えるパートナーでありたいと願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。
私たちでお力になれることがありましたらお気軽にご相談くださいませ。