建売分譲住宅は11月末までの売買契約がオススメです。

2021/09/11

こんにちは 徳島の大産工務店 安友です。

久しぶりの更新ですみません。

多数のご相談案件対応に追われておりました。

おかげさまで8.9月で4件受注となりました!!

もう1件受注予定になっておりますので、
ほぼ半年分の受注がこの2か月に集中したことになります。

本当にありがたいです。

期待に応えられるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。


それでは本日の本題について。

見出しにあるように、

建売分譲住宅は11月末までの売買契約がオススメになっております。

その理由は、

・住宅ローン控除13年間
・すまい給付金最大50万円

などの税制優遇があるからです。

もしそれまでに間に合わなくて今年中の入居が無理な場合は、

住宅ローン控除・すまい給付金 共に今後どうなるかは不明です。

噂では住宅ローン控除は借入れ金利が適用されるのではといわれています。
(たとえば0.8%の金利で借入れの場合、控除対象が0.8%分になる。)

最悪すまい給付金がなくなったりすることも考えられますので、
直近で住宅購入をご検討の際は11月末までに売買契約をオススメします。

最後に宣伝を。

現在公開中の藍住モデルハウスは建売分譲として絶賛販売中です。

ウッドショックによる価格高騰前に建築した物件となりますので、
現在の新築より価格的にもオススメとなっております。

もちろんしっかり高性能な家になっておりますので、
この機会にぜひご検討くださいませ。

価格・性能など内容は下記にてご案内しております。

ご検討の参考になれば幸いです。

展示販売中モデルハウスの内容と価格。

それではまた。

TOPへ戻る