ブログ

衝撃の高性能樹脂窓が発売決定!シャノンウインドSPGとは!?

2021/04/15

こんにちは 大産工務店の安友です。

本日はさっそくですが、衝撃のニュースをお届けします。

パナソニックさんとエクセルシャノンさんの共同開発で超高性能樹脂窓が販売されることが発表されました。

その名もシャノンウインドSPG。

名前だけでは凄さはわかりませんが、
U値を見ると衝撃の数字です。

ガラスの断熱性能を表すUW値が0.29W/㎡・Kとのこと。

この凄さがわかる人はマニアですが、
これは高性能グラスウール140mm分の性能と同等レベルになります。

弊社の標準的な壁のU値が0.25W/㎡・K。

ほとんど変わりませんね(笑)

フレームも含めた窓のUW値は0.52W/㎡・Kとのこと。

これでも高性能グラスウール75mm分相当です。
(ちなみに多数のメーカーの樹脂トリプルガラスサッシがUW値0.9前後です。)

断熱されている壁と同じレベルの窓。

これは衝撃ではないでしょうか?

私にはとても衝撃的でした。

おそらく価格も衝撃的に高いとは思いますが、
また問い合わせてみたいと思います。

ただ最後に誤解ないように補足を。

確かにこの窓を使えばすごく性能は良くなりますが、
日射熱取得率は36%となんとも言えない数値。

環境によりますが、南面は取得率の高い窓のほうが燃費は良くなりそう。

あと東西に窓をたくさん取りすぎると夏の冷房需要が上がりそうですので、
この製品を使ったとしても設計の配慮は変わらず必要かと思います。

なんだか壁と変わらない性能だと言うとどこにでも何か所でも窓をとってもOKみたいに感じられたらやだなと思い補足でした。

まあどちらにしても燃費計算しないと分からないですね。

また計算してみたいと思います。

それではまた。

TOPへ戻る