ブログ

高断熱高気密住宅(高性能住宅)のメリット・デメリット

2021/03/08

こんにちは 大産工務店の安友です。

まず最初にお礼から。

先日より開催中のモデルハウス先行内覧会にお越しの皆さまご来場ありがとうございました。

昨日は日射も少なく外気温が5~10℃と低めでしたが、朝からエアコンを切っても1.2階共に22~24℃をキープしていました。

高性能住宅の良さがわかりやすくてよかったのかなと思います。

少しでも皆さまの家づくりにお役に立てたなら幸いです。

またなんでも気になることなどございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

次の週末も開催しておりますので、気になる方はぜひぜひお越しくださいませ~。


さて見出しにもありますが、弊社でも取り組んでおります高断熱高気密住宅(高性能住宅)のメリット・デメリットについてお話いたしますね。

まず高断熱高気密住宅とは何か?

簡単に表現すると魔法瓶の水筒のような家ということでしょうか。

保温力がとても高く熱が逃げにくいので小さなエネルギーで温かく涼しい住環境が実現可能になります。

大切な部分としてテクニカルで難しい部分がありますが、今回はわかりやすくメリットとデメリットでご紹介いたしますね。

メリット
・小さなエネルギーで快適な温度環境にできる。
・温度差による気流が少ないので冬に低めで夏は高めの温度でも体感が良い。
・お風呂や洗面脱衣室・トイレなどの部屋も温度差が少ないので体の負担が少ない。
・日当たりが悪くても快適な温度環境がつくれる。
・分厚い羽毛布団やもこもこのあったか部屋着も不要になる。(結果収納が減らせれる・コストが下がる。)
・高気密のためしっかり換気が効くのでキレイに空気を循環させることができる。
・フィルタリングされていない隙間などからの外気の流入が少ないので換気装置で花粉やPMなども捕集できる。
・壁内での結露リスクを軽減できる。(この部分は他にも複合的な配慮が必要なのですがマニアックなので割愛します。)
・エアコンの台数を削減できる。
・ダニ・カビのリスクも少ない。
・湿度コントロールもしやすい。
・熱いお風呂に入らなくても寒くない。(省エネ・健康につながる)
・外の音が聞こえにくい。(素材により差はある。)
・室内干しでもしっかり乾く。(サーキュレータや除湿器はあった方が良いです。)

などでしょうか。

デメリット
・建築コストが上がる。
・夏と中間期の日射をしっかり遮蔽しないととても暑くなる。(保温力が高いため。)
・高断熱化だけで高気密化できていないと結露リスクが高まる。(ちゃんと管理できない場合は危ない。)
・室内で音が反響しやすくなる。(外に音が逃げにくいため。)
・暮らし方にも配慮が必要。
・暖房器具にも制限がかかる。
・夏の除湿と冬の加湿は配慮が必要。
・断熱・気密以外の設備や仕様にも注意が必要。
・手間がかかる・めんどくさい・難しい(業者側からのデメリットです。)
・燃費計算は経験則ができるまではほぼ必須。(燃費計算しなくても冷暖房需要が経験上予測できるなら必要ない場合もあります。)
・耐震・シロアリ・腐朽などの配慮もないとよくない。(他の要因で断熱欠損や気密劣化を招いて問題を起こすため。)
・徳島県の風土での長期的な実績がない。(現在よく建築されているZEH基準UA0.6前後の住宅も長期的な実績がないのは同じですが。)
・デザインに制限がかかるケースがある。
・設計に幅広い知識が必要になる。(もちろん施工もですが。)

こんなところでしょうか。

わかりやすく簡単にしようと思っていましたが、考えると以外とたくさんありましたね(笑)

もっと考えたら他にもあるかもしれませんので、また加筆修正するかもですが、
今回はこんなところで。

少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。

TOPへ戻る