ブログ

最低限の性能基準と価格の目安

2020/05/14

こんにちは 安友です。

本日はさっそくですが、弊社最低限の性能基準についてお話ししますね。

UA値 0.46前後以下(プランにより異なります。弊社提案プランの場合)
外皮平均熱貫流率(外壁・屋根・床・基礎・窓の熱損失の平均値)

概算Q値 1.7前後以下(UA値と同じ)
熱損失係数(UA値と同じ熱損失の合計に換気の熱損失も含めたもの)

C値 1以下
相当隙間面積(αA(総相当隙間面積)/C値用床面積)

換気 ダクト式第3種

窓 樹脂ペアガラス アルゴンガス入 樹脂スペーサー

になります。

冷暖房負荷に関しては様々な要素によって差がありますので、
明確にはだしにくいですが、
できれば
暖房負荷(20℃) 50kwh/㎡・年前後
冷房負荷(27℃) 30kwh/㎡・年前後

ぐらいは確保したいですね。

上記の仕様で延床面積が27~35坪(3LDK~5LDK)の場合、
価格の目安は1600万円~2000万円税込程度になります。
(細かい仕様やプランによって金額は変わります。)

数字ばかりでわかりにくいかと思いますが、大切なことなので今回お話ししました。

詳細については安友までお問合せいただくか、
モデルハウスにお越しいただけたらご説明いたしますでお気軽にご相談くださいませ。

それではまた。

安友

TOPへ戻る