住宅分野のエネルギー消費や二酸化炭素排出量は増加傾向にあります。国としては今後、エネルギー基準の見直しや各種政策を通して住まいのゼロ・エネルギー化に一層拍車をかける方針で、2020年にはゼロ・エネルギー住宅が標準となります。ゼロ・エネルギー住宅とは、家庭で使う必要なエネルギー量を太陽光発電等で賄う高性能な住まいの事です。地域・性能・床面積の3つの要素で家庭で使うエネルギー量を算出し、太陽光発電システムの発電量と同じになればゼロ・エネルギー住宅となります。