省令準耐火構造とはフラット35などを取り扱う住宅金融支援機構が定めた耐火性能を示すもので、金融機関や保険会社などで用いられる評価基準のことです。木造住宅とは違い、所定の時間以上の耐火性能を有する鉄骨などの準耐火構造並みの耐火機能を発揮できるという基準になります。住宅ローンの融資額や金利の優遇処置が受けられる他に、火災保険もそれに準じて保険料を軽減してくれます。保険料がお安くなるというメリットの他に、ファイアーストップ工事などで万が一内部で火災が起こった際にも「燃え広がりの防止」という観点から内部火災に強い住まいとなります。