これまでの日本の住宅寿命は約30年。住宅ローンの返済が一般的には30~35年、つまり住宅ローンが終わる頃には、次の建て替えを考えなければならないという状態でした。今後は経済面の負担だけではなく、環境面にも大きなメリットをもたらす、子世代にも受け継がれる高品質の住まいが、幸せをずっとはぐくむ暮らしづくりの基盤となります。

長期優良住宅の認定にはさまざまな条件をクリアすることが必要となります。国が積極的に普及を促進する住宅だからこそ、
これらの各種メリットを受けることができるのです。

詳しくは当社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。